国際結婚法律改正/子供国籍取得容易に

国際結婚関連法案「国籍法」

結婚に関する法律「国籍法」が改正されましたね。わかりやすくいうと
日本人の父親と外国人の母親との間に子供ができた場合、国籍を取得しやすくする
法律です。日本人の父親が認知するだけで子供が日本国籍を取得できるようになるんですよ


今国会で父親が日本人の時と外国人の母親が子供を作った場合に子供が日本国籍をとる必要条件の中から<<父母の結婚>>を削除したことが具体的な改正内容です。改正は2008年12月5日です。公布されて20日以内に施行されるんだそうですよ

最高裁の違憲判決から出来た国際結婚関連の法律改正で、子供が国籍を取得しやすくなります

これによって日本人の父親が認知子供を認知するだけで外国人の母親との間の子供を認知するだけで子供が日本国籍をとれるんだそうです。
もちろんこの結婚に関する法律改正「国籍法」の修正により国籍を不正に取得しようとする外国人の方が急増するかもしれませんので、その対策として罰則 改正法は、日本人男性に金銭を払うなどして虚偽の認知をしてもらい国籍を取得する「偽装認知」を防ぐため、1年以下の懲役または20万円以下の罰金が科せられることになっています

結婚相談所なんかが日本人の男性の間ではやっています。(日本人よりも気立てがいいと言われているそうなんです)外国人の若い女性との結婚を目指す方が多い統計が出ています

大手の結婚相談サービスも外国人向けのサービスも増えています。外国人女性の登録が増えているんだそうですけどね

結婚相談に関するブログではありませんので詳しくは記述しませんが興味ある方は
結婚相談所に関する詳しいサイト
ここをご覧ください


[PR]

  by newsch | 2008-12-05 19:10 | 結婚

<< ツンデレカルタ腐女子女性向け杉田智和 女性抜け毛脱毛薄毛知ってます? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE